ああ

正式タイトル

オカリナ物語 土塊の音色

著者・監修 石間 万範
定価 ¥2,800+税
出版社 ショパン
コメント おすすめ!オカリナの歴史を知るのにここまで細かく記した本はない。付属でついているCDも世界のプレーヤーが演奏している物で本当に素晴らしいです。



前書き

 

序文Adrain Mezzetti(英文と和文訳)
プロローグ オカリナと新撰組
第1章 
ドナーティとその青春の仲間たち
ドナーティの生い立ち
ヴィチネッリとの出会い

ブードリオ

最初の試作(1853年)
その挫折
第二次独立戦争
オカリナの完成
5個のオカリナと最初のデビュー
バスオカリナの完成と、五重奏団の結成
五重奏団での演奏(1863年)
モリネッラ劇場での成功
オカリナ裁判
第三次独立戦争
クストーザでの敗北
ベッゼッカでの勝利と海戦での敗北
バール開業と結婚
戦いの後
シルヴェストリ
ガリバルディ決起
メンターナでの挫折
フランスの反応
イタリアにおけるワーグナー主義
製粉税反乱から1869年の春
第2章
初めての演奏旅行から分裂まで
契約
1869年末の演奏旅行
ヴェローナ、パドヴァ
ヴェネツィアでの出来事
ドナーティ、メンバーから外れる
1870年、普仏戦争
イタリア軍のローマ占領
新しいバール開業と長男誕生
ブードリオ市の変化
マッツィーニの死とバリコミューン
新メンバーでの演奏旅行(1872年)
ビスマルク体制
ブルネッティ劇場からフェラーラ
ラヴェンナ
リヴォルノ
広場文化について
アルベルトの狙い

エルコレの結婚と父の死

再び演奏旅行に(1873年)
ローマ
ティヴォリ
ヴェローナ
マントヴァでの出来事
ウィーン討ち入り前
税関にて
そしてウィーンへ
ウィーン万博とレンツサーカス
トリエステ
ブードリオでのドナーティ
ボヘミア
ベルリン、ブレスラウ

1874年の演奏旅行、ヴィツネッリの参加

ケーニッヒスベルク
イギリスへ
1874年頃のイギリス
アゴスティの力説
バンクホリディ
クリスタルパレス
ブライトン
ブライトンでの演奏
ウォルヴァーハンプトン
イギリスとイタリア
グループの分裂
パリ、ローマそしてアゴスティとの別れ
ドナーティの引越し
再びフランスへ
フレンターノクラブでの演奏
ミラノサーカス
カジノとサロンでの演奏
ヴィチネッリたちとの別れ
ヴィチネッリたち
チョッティサーカス、アルベルトの恋
パリにて
アルベルトの結婚、パリへの旅立ち
ウィーンのヴィチネッリ
ヴィチネッリの結婚と父の死
露土戦争
1878年、それぞれの道 ブードリオ、ボローニャ
パリ
ロンドン
第3章
山賊たちのそれぞれの死
ボローニャの人口について
食生活
ボローニャのある春の一日
イタリアの農業問題
海外での最後の演奏へ
パリでの再会
グロッシの病
アルベルトの怒り
マンガーニ劇場
三国同盟
ガリバルディの死
最後の演奏旅行へ(1883年)
ミラノから故郷へ
聖ベネット村にて
フィーン
ボローニャ、トリーノ
マンチェスター
アルベルトの長男誕生
クリスピの時代
アルベルトとサムエッリ
クリスピの外交
ノーウッドでの活躍
1888年、イギリス
ビスマルク体制の崩壊
シャルルの来英とエディンバラ万博
グロッシの死
エディンバラ
エディンバラ万博会場にて
コンサートの中止
フリーメソンホールでの演奏
タッソーニとベッピーナの手紙
ロンドンでのコンサート
イタリア旅行
アメリーの死
ジプシーヒル
アルベルトの店
危機の中の大英帝国
日英同盟
イタリアとフランス
19世紀末のイタリア
ジョリッティ時代とフランス外交
アルベルトのコンサート活動
アヴェーニの死
ドナーティのインタヴュー
当時のミラノ
対トルコ戦争
ヴィニョーリ、最後の戦い
ローマ民族誌博への準備
テスティのインタヴュー
ローマまでの演奏
エピソード:アミルカーレ・ザネッラの音楽人生
それぞれの死 ヴィニョーリ
ヴィチネッリ
ファシストの独裁
ドナーティ山賊の最後
その後
第4章
オカリナ製作者
ジュゼッペ・ドナーティ
チューザレ・ヴィチネッリ
エルコレ・メッヅェッティ
ルイージ・シルヴェストリ
ハインリッヒ・フィーン
アントニオ・カネッラ
グイード・キエザ
エミリーオ・チェザリ
アリーゴ・ミリャーニ
ファビオ・メナーリオ
特殊なオカリナについて
本著の関係者とお世話になった人
年譜
CDの曲目
 
ブードリオ オカリナ合奏団
1.トルコ行進曲(W.A.モーツァルト)
2.オペラ”リゴレット”よりアリア(G.ヴェルディ)
3.オペラ”ナブッコ”序曲(G.ヴェルディ)
アンサンブル ノヴェチェント
1.オペラ”セヴィリアの理髪師”よりカヴァティーナ(G.ロッシーニ)
2.ナイチンゲールのポルカ(G.グロッシ)
3.黒蝶たちのワルツ(L.グランマンティエリ)
4.コオロギ(G.パッキオーニ)
ファウスト・カルパーニ
サンブーカ
1.ミンカ(ブルガリア民謡)
2.ロマネスカ(F.ソル)
3.ダンス曲(シチリア民謡)
クラシック バスカーズ
1.木靴のダンス(ルイ.J.F.エロルド)
2.組曲第2番変ロ短調(J.S.バッハ)
3.オペラ”コシ ファン トゥッテ”序曲(W.A.モーツァルト)
チャカバティ オカリナ4重奏団
1.喜歌劇”天国と地獄”よりカンカン(J.オッフェンバック)
2.アイマラの祭り(ボリビリ民謡)
3.エキリスコ ホロ(ブルガリア民謡)
4.ピッチカート ポルコ(J.シュトラウス)
5.ダンス曲(L.V.ベートンヴェン)
6.ロマネスカ(T.アルボー)と16世紀のハンガリー風曲(G.マイネリオ)
7.ハレウヤ(G.F.ヘンデル)
大沢 聡
アイネ クライネ ナハト ムジーク(W.A.モーツァルト)
チャールダーシュ(V.モンティ)